7/29 帝釈峡ロングライド

日   時 :7/29(火)

集合場所 :福山市ハローズ戸手店の駐車場

集合時間 :7:30集合

目 的 地 :帝釈峡

帝釈峡ロングライドのスタートです。

みんな、かなりの強者です。


三脚で記念撮影。

小型ながら重宝

しました。


途中、売店に立ち寄りました。


「今日はゆっくり行く」

の言葉通り、前半から

かなりのペースでした。

 

おばちゃん登場。

どうやらこの辺りには、

よくサイクリストが

来るそうです。

「弱い者を庇いなさい

よ」とおっしゃってました。


今日のメンバーでは腕を腰に当ててる方が最強です。

普段乗りのクロモリバイクで参加されてるところに余裕を感じます。


そろそろスタート

です。弱い者を庇

ってくれるといいの

ですが…。

すでに忘れているかも

しれません。

走り出せば無常故。

 

 


おばちゃんが別れ

を告げ去って

いきました。


ここは途中の分かれ道です。後続が追い付くのを待ちます。


後続3名到着!!


合流したら、早速スタート。お決まりのパターンですね。

どうやら、先程頂いた助言を完全に忘れているようです。


この方は、フェルトのエアロロードに電動デュラを装着。

ホイールは、インダストリーナインのロード用ホイール  i25TLを装着。

60ノッチと空転角が少ない上に、ラチェットの爪が6つあり、3つの爪が

交互にかかるしくみになっているので、トルク伝達性能が非常に高く、

登りでアドバンテージを得られます。ハブ内部は、チタン製で軽量な上、

クリスキングハブとほぼ同等の精度を誇ります。完全にmade in USAで

アメリカの航空宇宙産業等の精密切削会社のTomamics社の自転車部門と

してアメリカの自社工場で製造されています。

マウンテンバイク用の完組ホイールは見かけた方もいるかもしれませんが、

ロードホイールは珍しいと思います。

価格は129,600円(税込)です。シマノデュラエースと同じ位の価格です。

重量は、フロント630g、リア800g、計1430gです。

スポークはCX-RAYブラックのストレートタイプが使用され、フロント

20本、リア24本で、2:1のフリー側16本、反フリー側8本の組み方をして、

テンションバランスを均一化しています。


郵便局駐車場に到着。ここで、小休止する事になりました。


今日は空いていませんが、かなり広い施設です。


お決まりの情報交換。

と言うか雑談ですね…。

こうやって徐々に親睦

を深めて行く訳ですね。


帝釈峡までは、先頭交代をしながら、割とイーブンペースで

走りました。長い登り区間を抜けて、ようやく到着。


マップで現在位置を確認。


予定より早く

到着しました。


時間に余裕があるので、帝釈峡内を探索する事になりました。

トンネルの先から、涼しげな空気が流れてきます。


赤い橋に到着。⇨⇨⇨後編へつづく。